それをきっと道と呼ぶ。

以前、丸山晶子さんとお話した時のエントリー。
「梅庵とカコの過去」
この時ね、リアルに思い出したのは幼少期から中学時代の自分自身。思い出すことのなかった記憶を振り返ったことで、「自分の過去を閉じ込めなくていいんだなー」って凄く安堵感を覚えたんだよね。
e0078187_013665.jpg

そして先日。ふとしたことをきっかけにまた繋がって、高校時代の友人たちと会ってきた。

高校があった街。卒業してからは生活圏ではなかったので、余り訪れることのなかった街。
友人たちも今はバラバラの土地に住んでいるから、この場所に集まれたのは本当に偶然的なタイミング。
変わっている場所もたくさんあった。でも、全く変わらない場所もある。
混在する過去と今。
e0078187_0161211.jpg

e0078187_0181086.jpg

友人たちも同じ。お互いに確実に歳は重ねてるけど(笑)、変わっていない。
e0078187_0194985.jpg

でも、そこに繋がる命もある。
e0078187_021163.jpg

思い思いに頼んだスィーツは見事にバラバラで。(笑)
そういえばあの当時から、それぞれに個性がバラバラだった!それぞれ強すぎ個性!って思いだした。(笑)
だからこそあんなに楽しく一緒に過ごした時間があったんだなー、ってこんな些細な事でこっそり感慨深くなったりして。

過去があるから今があって、その今だってこの先、未来へと繋がっていくんだ。
そんなアタリマエのことを、こんなに嬉しく思えるのはきっと素敵な仲間のおかげ。
e0078187_0261471.jpg

その夜の湘南への帰り道ドライブ。
月齢5.6のお月様もとっても綺麗に見えていた。

私にとって繋がることは、きっと描いていくということ。
その繋がりを、それをきっと道と呼ぶんだ。
アリガトウ。素敵な仲間はいつでもその事を教えてくれる。
[PR]
by kakoiki | 2012-10-23 00:44 | 私事 | Comments(0)