思い出話しをひとつ

梅雨の中休み。お月様のとっても綺麗な夜だった。

e0078187_2342138.jpg

そわそわしちゃったから、海へお月様の光を観に行った。
そう。あの夜を思い出したから。
2012.12。父の告別式の夜。
その日は海辺のカフェでの個展前夜だった。
告別式を終え、千葉の実家から深夜に湘南に戻り搬入をした。
何日も寝てなくて、疲れきって海辺の道に出た瞬間。そこにはお月様が海面に道を作っていた。
Moon Road
それを見た瞬間、「必ず終わる時間。美しいと思える事だけをして、生きて行こう。」って強く思ったんだっけ。

今年は三周忌を迎える。早いもんだな。
まだ思い出にはなっていないけれど、やっぱりあの夜の思いは変わっていない。
軍事体制が匂ってくる雰囲気の日本。地震だってまだまだ怖い。
でもね、光る道はきっとあるから。それを見失わないように。
e0078187_2342254.jpg

こんなにも世界は美しいんだからさ。
[PR]
by kakoiki | 2014-06-13 23:03 | 私事 | Comments(0)