2017年 03月 29日 ( 1 )


kako-oakda 2017春個展「それでも みんな、」

それぞれが持つ「喜怒哀楽」 それはとても個人的なこと。
とても個人的なもの、それらを垣間みれた時、そっと触れた時。
その一々が愛しくて。
喜び怒り、涙を流して笑顔を見せる。
それらを抱えて、それでも みんな、生きて行く。

2017.3.24(Fri)-3.29(Wed)
10:00-18:00(最終日-17:00)
片瀬江ノ島「ギャラリーT」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春個展「それでも みんな、」無事に終了致しました。
e0078187_22185136.jpg

今回の展示は、表題通りの展示になったな。初日搬入はぽかぽか春の日差し。個展期間中、唯一の日曜日は真冬のような寒い雨降り。そして後半はゆっくり春が戻って来て、最終日は暖かいお日様の中で終了。
e0078187_22130714.jpg
e0078187_22135983.jpg
e0078187_22133363.jpg
今回の表題「それでも みんな、」はこの絵に繋がります。

e0078187_22200572.jpg
「Go through life」-人生を歩む、生きていく-

喜び溢れる瞬間も、耐えられないんじゃないかという辛さも、それぞれがそれぞれを抱えて生きている。それらを抱えて「それでも みんな、生きていく。」
そんな当たり前のことを、当たり前だからこそ、しっかりと抱えて、それらを描いて、丁寧に生活していきたい。ーそんな想いで描き貯めて個展として世に出した絵の数々でした。
e0078187_22295491.jpg
雨降りの寒い時間帯、誰もいなくてしょんぼりしてしまう時間もありました。
でもそれだけでなく、会うだけで胸が熱くなってしまう旧友、恩師、先輩後輩との20年前後ぶりの再会。そして今現在お世話になりまくりの方々。愛しくてしょうがない元生徒たち。すっかり大人になっていた。
搬入、搬出を手伝ってくれた大切な大切な友人。個展だから、ご飯も買いにいけないから、暖かい飲み物を、と気遣ってくれて差し入れをしてくれたり、ご自身も忙しい展示最中なのに時間を作って会いに来てくれた絵描き仲間達。通りすがりに絵を気に入ってくれた初めましての方々。
今までの自分が過ごして来た年月、そして今立っている場所、それらを再認識したような表題通りの1週間でした。
e0078187_22314191.jpg
e0078187_22321160.jpg
そして、この先はまだまだ白いんだな、と。
e0078187_22383703.jpg
搬出を終えて、会場は始る前の白色に戻ります。コレをこの先も何度も何度も繰り返して丁寧に生きていきたい。
e0078187_22420724.jpg

Gallery-Tのオーナー、依藤奈奈さんはじめ、来て下さった、関わって下さった皆様、絵をご購入して頂いた方々。本当にありがとうございました。これからも、沢山描いていきます。
沢山の感謝を込めて。
2017.3.29 オカダ-カコ

[PR]