カテゴリ:絵画( 84 )

 絵を描くことは、祈りに似ている。
--ここ数年、ずっとそう感じていた。そんな中で、もうずっと前、20代最初に読んだ言葉を思い出していた。
e0078187_14175050.jpg


ゾシマ長老の祈りの一句。

「青年よ、祈りを忘れてはいけない。祈りをあげるたびに、それが誠実なものでさえあれば、新しい感情がひらめき、その感情にはこれまで知らなかった新しい思想が含まれていて、それが新たにまた激励してくれるだろう。
そして、祈りが教育にほかならなぬことを理解できるのだ。」(原卓也訳)

Young man, be not forgetful of prayer.
Every time you pray, if your prayer is sincere, there will be new feeling and new meaning in it, which will give you fresh courage, and you will understand that prayer is an education.

絵を描いていると色んな感情になる。
希望、怒り、妬み嫉み嫉妬、喜び、満足感、感謝、挑戦、敗北、絶望、そして微かな灯火。確実な光り。
あの頃は、ゾシマ長老のこの言葉を読んでも、なんだかピンとこなかった。20年経った今、実感として感じる。
prayer is an education.
e0078187_14183389.jpg

私の学ぶ速度は余りにも遅い。遅過ぎる。
…もし、これをあと20年早く気付くことができていたら。。あの大切だった日々を失わずに済んだかもしれないのに。

でも。きっと。
prayer is an education.

神様が用意して下さった、私の時間の歩む速度はきっとこのペースだったんだろう。
とにかく一筆づつ、真摯に。まだまだ描かなきゃ。
e0078187_14192170.jpg

prayer is an education & Rejoice!

そう。忘れちゃいけない。いつでも喜びを胸にね。
e0078187_14195972.jpg



[PR]
2011。震災後すぐが、稲村ケ崎「R」さんで個展だったな。
e0078187_23465652.jpg


「奥の奥の底の方」
e0078187_23473586.jpg

この絵は震災直後に描いたもの。
私の描く絵は基本全て販売しているけれど、この絵だけは非売品にして,今でも手元に残している。

e0078187_23481623.jpg

チビッコ仕事中だったので,生徒達と校庭に避難した。
大地の揺らぎを身体で感じた。
この時に一緒にいた子ども達は、もうすっかり大きくなっている。

時は確実に流れているよね。
祈りの一日が今年も過ぎて行きます。
e0078187_23535318.jpg

[PR]
2014 kako-okada 春個展
 「道標は雲の上」
2014.3/21(Fri)~3/26(Wed) 10:00-18:00(最終日は17:00まで)
藤沢市片瀬海岸 「Gallery-T」

*スター・ナビゲーション
「一般にポリネシア航法とも呼ばれ、広義にはオセアニア諸地域で用いられているGPS、六分儀、羅針盤、海図、クロノメーターなどの機器を用いない航海術のことである。」(wikより)

雲が出たら星は見えない。旅路を全うする為には雲を払いのけなくちゃ、道標となる星は見えない。
雲を払いのけつつ、空高く星を見上げて、島影を見据えて。それらを道標にして進んで行く。
 ほんのちょっとの勇気を出して。きっと誰もが航海中。


*湘南経済新聞さんに紹介されました。→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋の終わりから描いていた絵がひとつ終わった。

e0078187_0443889.jpg

まいったな。ちょっと最近、感傷的になり過ぎてる。
いつもはこのサイズ(50号)が終わると、「ひゃっほい♪」って喜んでるのに。
 終わっちゃったんだなぁ、ってしみじみとさ。

寂しいっていうのではないけれど、安堵感や喜びともまた違って。
e0078187_0444054.jpg

いかんいかん。まだまだ続きはたくさんある。
この先も、ずっと「つづく」んだし。

e0078187_0443716.jpg

今日、ほんのちょっとだけ寄り道した海岸。
ベタだけれど、捨てられなかったものを海に投げてみたよ。
もの凄い風だった。
[PR]
2014 kako-okada 春個展
 「道標は雲の上」
2014.3/21(Fri)~3/26(Wed) 10:00-18:00(最終日は17:00まで)
藤沢市片瀬海岸 「Gallery-T」

*スター・ナビゲーション
「一般にポリネシア航法とも呼ばれ、広義にはオセアニア諸地域で用いられているGPS、六分儀、羅針盤、海図、クロノメーターなどの機器を用いない航海術のことである。」(wikより)

雲が出たら星は見えない。旅路を全うする為には雲を払いのけなくちゃ、道標となる星は見えない。
雲を払いのけつつ、空高く星を見上げて、島影を見据えて。それらを道標にして進んで行く。
 ほんのちょっとの勇気を出して。きっと誰もが航海中。


*湘南経済新聞さんに紹介されました。→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひとつ、絵が終わりそうです。
5ヶ月間かな?思いのほか、途中で手間取ってしまった。
e0078187_3115170.jpg

またひとつ。絵が終わる。この大詰めは緊張する。
と同時に、やっぱりちょっと寂しいような嬉しいような。

航海は終わるのかな。それとも途中の港に立ち寄っただけかな。

とはいえ、個展に出したい絵はまだまだ描きかけ何枚も。
しんみりしている場合じゃないね。
ラーースト・スパート!
[PR]
3年前。たくさんの媒体を通じて流れたツィート。

「暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ!」


e0078187_22204098.jpg

暗い程、星はよく見えるのかもしれない。
その星は道標となって、私たちの道行きを灯してくれる。
そう信じて。

亡くなった多くの命。今も故郷に帰れない多くの方々。
そしてその中でも光る未来の多くの種、子供達の笑顔の為に。
心から祈りを込めて。

e0078187_19589.jpg

「奥の奥の底の方」F3キャンバス(273×220mm).墨.アクリル
非売品 2011.3.11

[PR]
あら!「明けましておめでとう」と思ったら、今日はもう節分。
行く1月、逃げる2月、去る3月。…昔のヒトは上手い事を。。
って、去年か一昨年もこんな事言ってた気がする。笑



e0078187_23211737.jpg

昨夜は凄い霧でしたね。
引きこもって制作していた私は全然気付かず、お友達のFB投稿であわててお外に飛び出したのでした。
久しぶりの湿り気。空気全体が水滴の匂いだった。
鼻をクンくんクンクンさせて、線路沿いで電車が来るのを見てた。電車のライトが筋になってて、踏切の点滅が赤い星みたいでとっても綺麗だったなぁ。

そんな中で思った事。
私は求めないと、ナンにも描けないんだな、って事。
e0078187_23284498.jpg

求められるのは幸せな事。そこに自分の気持ちも重なれば、それは本当に素敵。
でも。
そうじゃない時もあるんだな、ってこの歳になって気がついた。
求められて、上辺だけ自分の気持ちを重ねてみても。…筆が全然進まないのよ。
e0078187_2334723.jpg

気付けば簡単な事だよね。
ただ求め続ければ良いだけ。
その結果、離れてしまうコトがあったとしても、縋らずに進もうと思った。

e0078187_23183118.jpg

取りあえず描いてます。せっせと描いております。
e0078187_23475287.jpg

そうだよね。チェチェメニ号はまだ航海半ばだもの。
[PR]
あけましておめでとうございます。





e0078187_13412478.jpg

2014
どんな年になるのかな。
どうぞたくさん作品描けますように。
みんなの笑顔がたくさんの一年になりますように。
e0078187_13443984.jpg

幸はきっと溢れているよね。それに気付ける2014に!

今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
黙々と、雄弁な子達が現れてきます。





e0078187_16182048.jpg

ヘタレな私は、すぐに凹んだりネガティブマンになったりする。
そんな時、この子達が騒ぎだす。
e0078187_16201450.jpg

「どーでも良いから、早くうちらをぼんやりから形にしてよ!」
と。
e0078187_16223180.jpg
e0078187_16215149.jpg
e0078187_1621321.jpg

多分、時間はそんなにたくさん残されてはいない。
いま目の前の事を、ひとつづつ。

私から出てくる形のようで、実はそれぞれが自立している。
[PR]
ココ最近、小さい絵と大きめの絵を同時進行で描いています。
…なぜなら、3月個展に向けての絵が足りぬ。





e0078187_121218.jpg

大きめの絵を描くときは、いつも色んな妄想に落ちてしまうのだけれど(笑)
今回は特にしんみりと色々と想いを馳せてしまった。
e0078187_1283251.jpg

e0078187_1273945.jpg

多分ね、大げさだけれど、ちっさいのとデッカいの・ミクロマクロを同時に描いていたからだと思う。
e0078187_130294.jpg

絵を描く事は旅する時と同じドキドキ・ワクワク。そして不安も一緒。
時間ってナンだろう。絵を描く中に時間が閉じ込められてるみたい。
…しみじみ〜〜としながら描いていたら。。

出てきたものは……
e0078187_1323910.jpg

!!モヒカン魚(ぎょ)??
…狙ってはいないのよ。。背びれの色のチョイスが。。
モヒカンに気付いたの、けっこう終わりの方だったし。

なんかこれも絵画の力だね。色が色を、形が形を呼ぶ力。
心の底に落ち過ぎず、笑って生きろ・って事だと思われる。きっと。

どんどん描くよ。冬がくるけど、航路は春の個展を指して行く。
[PR]
ちょっと大きめの画面で制作を始めました。






e0078187_22284442.jpg

先日、駆け足で廻った大阪一泊。
e0078187_22454260.jpg

太郎Love…♡

立ち寄った民族学博物館が面白過ぎた。。。。
その中で惹かれたひとつ。
「スター・ナビゲーション」の説明映像と展示してある「チェチェメニ号」
e0078187_22301839.jpg

「一般にポリネシア航法とも呼ばれ、広義にはオセアニア諸地域で用いられているGPS、六分儀、羅針盤、海図、クロノメーターなどの機器を用いない航海術のことである。」(wikより)
ずっと昔からオセアニア地域に伝わる航法。大海原での航海。磁石も勿論GPSも何もなく、頼るのは自分の経験と星空。
説明映像の言葉が忘れられないんだよね。
「スター・ナビゲーションは人々の知恵と勇気がもたらした航法です。」


雲が出たら星は見えない。旅路を全うする為には雲を払いのけなくちゃ、道標となる星は見えない。
…感激屋さんだからさ。一人グッときちゃったの。笑
e0078187_22521247.jpg

描く事は航海と一緒だな。
雲を払いのけつつ、空高く星を見上げて。それを道標にして進んで行くしかないんだよね。
ほんのちょっとの勇気を出してさ。

ってことで、ワタクシ只今航海真っ最中。
きっと誰もが航海中。それって素敵な事だよね。

さ。せっせと作業致します♪
[PR]