カテゴリ:始まり( 1 )

 このblogを始めたのがいつだったのか、いつエントリーを途絶えさせたのか。
それよりも何よりも、このblogの存在そのもの。
…それらすべてが日常の生活から欠け落ちていた。

 でも、私は変わらずにココに居て、そしてあの頃を懐かしく思い出す程度には歳を重ねて来た。
土地も仕事も、私を取り巻く風景のすべてが変わった。
それはあの時も同じだった。
それでも、あの頃と決定的に違う事。
これらの全てを、私自身が積極的に望んで進んできたということ。
そして
あの頃と変わらぬ大切なコト。


 ひっそりと再び始まる。
岡田 佳子として。私が望んだ形。



 この再びの始まりをくれた友人と、そもそもの始まりをくれた友人。
 私の大切なヒトに。
 感謝を込めて。
[PR]